Fixus.inc

痛んでしまった家具も、まるで傷などなかったように修理・修復いたします。
またアンティークな雰囲気を活かして、別の家具へのリメイクも行っています。

家具修復

家具修理というと、トンテンカンテン物理的な修理を思いつきますが、
フィクサスの真骨頂は「修復」技術。
大規模な外科的手術に加えて、元の家具に復元していく修復技術で、
どこに傷があったのか言われなければ分からない状態にまで、家具を蘇らせます。

虫食いのアンティーク家具

グラスファイバー&樹脂の上からアンティーク塗装を

こちらの椅子は、ある芸能人のかたが海外で買い求めたのですが、白アリにやられていたようで、脚の部分がポロポロと崩れてしまっていました。

駆除した後確かめたところ、中心部分までシロアリが侵食しており、外側の塗装部分を残して中はポッカリ空洞に。
まず外科的措置として、グラスファイバー(強化プラスチック)を詰め込んだ後、樹脂を流して固め、中の空洞を埋めました。

その後、樹脂の上から塗装を施すことで木質感を出し、さらにアンティーク家具ならではの時を経た質感を塗装で再現しました。
家具の一部が欠けてしまっても、最適な素材で補強し塗装することで、元の状態に近づけることができます。
アンティーク風の塗装もリクエストが多いので、あきらめずにご相談ください。

光の方向も計算に入れて

楽器の劣化や傷補修、ツヤ感を再現

こちらのピアノは、先代から受け継がれてきたものということですが、傷が目立ってしまっていました。
アンティークの風合いはそのままに、天板の穴を埋め塗装を行いました。

家具には光が当たり反射するものです。
なので、木質の素材・光沢のない素材でもマットになりすぎないように、ゴールドやシルバーのパール顔料で色調を調整していきます。
備え付けの家具や大型家具の場合は、設置する場所、光の入り具合も計算に入れます。
反射を考えてパールの具合を調整することで、より自然な仕上がりになるのです

その他

① 古民家リフォーム

横梁の大きな穴も、
目立たず修復

別途構造【計算】を行ったうえで、古民家リフォームの柱修復もお手伝い。
横梁が入っていた穴を埋め、味のある柱としてよみがえらせます。

② 飛行機プラモデル

折れた羽も元通り

こちらの飛行機は、東日本大震災で壊れてしまったもの。
思い入れのあるお品だったようで、修理を依頼していただきました。

③ ブロックエイジング

新品ブロックをエイジング

新品のブロックで修繕をした後、周りのブロックと合わせて経年のエイジング塗装を施しています。

④ 革張りソファ

木材以外も対応します

木材だけではなく、革素材の修復も承ります。

リメイク家具

フィクサスでは、家具のリメイクにも取り組んでいます。
ご依頼主は皆さま、想い出のある家具をなんらかの形で残したい。
そんな思いを実現するため、様々なご提案をさせていただきます。

一枚板大型テーブルミニテーブル

元の形を活かしつつ、実用的な小型テーブルに

こちらは、とちのきの一枚板テーブルのリメイク。
今では、こんなに立派な木材を仕入れられないということで、オーナー様、自慢の一品でした。
けれど、ご病気でお体が不自由になられたということで、一度は手放すことも検討。

ご家族から、「何かできないか」とザックリしたご依頼をいただきましたので、ベッドのそばでも使えるミニテーブルをご提案。
直線的なカットではなく、元の味わいを残した自然な風合いのものに仕上げました。

オーナー様には内緒のサプライズプレゼントだったのですが、とても喜んでいただけたそうで、こちらとしても想い出の一品になりました。

キングサイズベッドセミダブル&チェア

サイズ変更にも、対応いたします

ご主人が亡くなられたので、ベッドのサイズを小さくしたいというご依頼があり、キングサイズのものをセミダブルへとリメイクいたしました。
良い素材でもあり、また少しでも想い出を残したいと、切断したベッドヘッドを新しくチェアの背もたれにリメイクいたしました。

流れ

  • お問い合わせ

    FAXまたはメールでお問い合わせください。
    写真を添付いただけますと、イメージが分かります。
    傷の場合は、全体写真と傷の部分のアップをお願いいたします。

  • お見積り

    お見積もり後お断りいただいても、もちろん料金はかかりません。
    場合によっては、現地調査・下見を行います。

    お客様の95%以上はお見積もりの範囲で修理できておりますのでご安心ください。
    予算や今後のメンテナンスも鑑みて、複数の手法をお示し
    状況によっては、予算や今後のメンテナンスも鑑みて、複数の手法をお示しし、ベストな修復を提供できるようにご提案いたします。

  • 引き取りまたは郵送

    基本的には、修理品を引き取りに伺います。
    遠方や小物の郵送については、別途ご相談ください。

  • 修理

    納期は、モノや時期によって異なります。

  • お引渡し・お支払い

    基本的に、お伺いして納品をいたします。
    品物お渡し後、お支払いをお願いいたします。

お問い合わせ

フィクサス(株)
電話番号 048-430-2871  FAX番号 048-430-2872
E-mail main@fixus.info
TOPへ